津山漢方堂 

アトピー性皮膚炎は 昭和初期 中期 
まで 日本でお目にかかる病気では
ありませんでした。。
  
対処療法にはしる 間違った漢方の
使い方も目にします。

この病気は 免疫の狂いが原因です。

本来存在してほしくない
IgE という抗体ができます。

アトピー性皮膚炎は 日本では
昭和40年代ごろまでほとんどない病気でした。

アトピー体質の存在が 
長い人類の歴史から見ると アレルギー 自己免疫のといった病気は
ほんのチョット前の時代です・・
(抗生剤のない時代は 病原菌は命に関わる強敵でした)


「アトピー 原因」とネット検索してみてください。


ところで ここで考える原因は 「アレルギー体質の人が アレルゲンにふれると。。」





アトピーは免疫のエラー

当方では アトピー体質をどのように改善するかを考えて 
漢方薬のご提案をしていきたいと思っています。

ルミンAがアトピーに?


 効く?(正解は症状の緩和に効くが近いです)

  ルミンA50γの効能には 「アレルギー疾患」 があります。
  100γには アレルギーの効能がないです。

  濃度の濃い薄いで 効能効果が変わる分けないです。


  アレルギーの効能は 100γにはない= 薬事法上許可されてないです。
   (ルミンAは 古い薬です。当時 なぜ効くか(機序・適正使用量)が解明されていませんでした。
 
しかし薬としはて許可されました。

  ルミンAの体内挙動や作用機序が判明したのは 平成になってから
(岡山大ー林原 共同研究)


 <アレルギー> 抑えるのと 治すのは違います。

 ルミンAの成分 クレプトシアニンOAコンプレックス
は 修復を速める物質


  怪我・やけど・炎症などで細胞がダメージを受ける。
 ダメージ細胞からは
ライソPC(LaysoPC)という酵素がでてきます。


  この酵素は ダメージ細胞を撤去するために 
白血球を呼び寄せます。

 
  白血球の中でも マクロファージの呑職作用を上げる。
(ダメージ細胞、細菌など食べる能力)
が活発になり 
どんどんに食べられて
 除去されます。



 体にとって ダメージ細胞は 不要物ですから 
除去されると修復が促進されます。
(その結果「細胞賦活」のが起きます。)


 LySOPC酵素が少ないと マクロファージ呑職能力が
上がってきません。
人工的に(複雑な過程を飛ばし)に

 同じ働きをするものはないのでしょうか?

 感光色素成分の作用点はココです。 

 (ルミンAの感光色素成分がきっかけで いくつもの段階を経て 
 擬似ライソPCである マクロファージ活性物質が増える)

勘違いが多い マクロファージのもう1つの働き
マクロファージには 抗原提示といって食べた細菌などを 免疫の中枢に伝え 
抗体やキラーT細胞を誘導する力があります。


でも 
アトピーの皮膚炎部分を食べても そこにあるのは 自分の細胞・・・
抗体の獲得免疫に伝達するには 病原体としてのシグナルと違います。

けがしても抗体は造らない 抗体のエラー補正には届きにくいのです。  



誤った漢方

 

アトピーは その炎症症状の緩和に 冷の漢方薬(黄連解毒湯・消風散など・・・)が 使われてることがあります。
漢方の歴史 2000年以上(中国医薬4000年以上)からいって この病気が 出てきたのは あまりにも 短いここ数十年。

たしかに 皮膚炎の症状を緩和するのには 冷やすことは 有効ですが・・免疫の狂いは
冷えは発生要因1つですから 根治に対しておかしな治療をしています。



炎症は 高カロリーで悪化します。
チョコレートやお砂糖など高カロリーになるとアレルギー反応は 
悪化しやすいです。

では お砂糖類をとらなければ治るのかというとまったく違います。

アトピーの原因は 免疫の狂いで IgEl抗体ができていることです。

急速な症状悪化要因の1つに 糖があるだけです。

 IgEという抗体を無くすことが完治です。 
簡単解説 免疫の話もご覧ください。



    漢方と免疫の代替医療を行うことで  アトピー体質改善を目指すご提案をいたします。


   次へ

店頭でゆっくり説明いたします。


当薬局では 免疫学に基づくご説明もいたします。
IgE IgG
B細胞 TH1 TH2 IL6 サイトカイン TnF など


免疫を正す漢方治療を お問合せください。

ご相談はご予約制です。

  ご相談予約
ご相談予約 MAIL

お問合せ

 お電話 086-222-8962 


 平日10:00〜19:00  土曜日10:00〜13:00
定休日  
日曜 木曜日  祝日 


TOPへ