岡山最古の
漢方専門店


薬事表示
 
 
  
     
 


白血病でも 予後のわるいフィラデルフィア染色体陽性のもの 
 急性リンパ性白血病(ALL)の一部 と 慢性骨髄性白血病(CML) について 
薬の種類 使い方から考えて 見てみます。


 ここで 使われる 抗がん剤は 殺細胞系(古典的)抗がん剤と 分子標的薬 BCR-ABLのチロシンキナーゼ抑制剤の2種類です。

  

その作用点の違いを見れば 漢方 生活環境など ケアが幾分わかってくると思います。


殺細胞系(古典)抗がん剤は毒で 細胞の核内を 破壊し 細胞(がん細胞目標)をまさに殺します。

解説
 人の細胞は約60兆(45-60)ほどで できています。
 赤血球など 特別な細胞を除き 細胞の中には 核があります。
 核の中には 細胞分裂のサイクルが 回っていて 秩序良く 新しい細胞と古い細胞の入れ替えが
 行われます。
 癌細胞では 異常なそくどで サイクルが回ります。




 環状線の電車を例に見てみましょう。

       

 いつもは 運転指令の指示を仰ぎ 秩序良く回っています。
 しかし 何だかのせいで 回転が 速くなってしまいした。 
 止めるに 少々 野蛮でしすが 線路 電車を 爆破して壊せば異常は 止まります。
    
 
 癌細胞のサイクルでも同じで 核の中を 壊してしまえば 異常サイクル つまり増殖は止まります。

 この種の《抗がん剤》は 細胞を殺してしまうので 殺細胞系抗がん剤と言います。
           

 -------------------------------------^

 科学は 新しく 運転指令を変えることで サイクルを止める方法を 考えました。

 
  「回れ」シグナルを 止めて ブレーキをかければよいのです。
  これが これが 現在使われている チロシンキナーゼ阻害薬と言われる抗がん剤
  の原理です。

  対象の白血病治療では 殺細胞薬と チロシンキナーゼ阻害薬 ステロイド
などを使い 出来るだけ速く 寛解状態に持っていきます。
   
寛解には 段階があるので 薬の量を 調整しながら よりレベルの高い寛解へ誘導します。 
 

   殺細胞系抗がん剤は いわゆる毒です。 
   細胞分裂の盛んな細胞をターゲットに 速く取り込まれるように作ります。 
   
   がん細胞以外でも 細胞分裂の速い 骨髄 消化粘膜(嘔吐 下痢) 口腔 髪 爪 などに
   副作用がでます。 長期に使用は 適しません。

   一方 分子標的薬は 耐性で 薬が効かなくなるまで また副作用で使えなくなるまで
   使用を続けます。 
   (Ph+の分子標的薬 グリベック スプリセル タシグナ ボシュリフ アイクルシグ)

  細胞を殺すのと違い 増殖シグナルを 止めるくすりは 予想外の副作用が出ます。
  


  そこで 漢方薬を使い 副作用の軽減・ 発現予防を ケアすれば と思いつきました。
 
 日本で 現在(2021-03)使われているこの種の薬は 
  グリベック スプリセル タシグナ ボシュリフ アイクルシグ の5つになります。

 薬が飲めなくなった場合 重篤な症状が おこる可能性が高いため 命をつなぐ薬となっています。
 

 ******************************************************************************

 グリベックは 最初にできたフィラデルフィア染色体陽性の白血病薬です。
 9割以上の方が 亡くなっていた疾患も この種の薬の進化で  4-5割になっています。
  (移植までの時間稼ぎができるため 薬だけの効果で生存率が上がっているわけではない)
 

 当薬局の扱った事例は 65歳以上で移植不可の人でしたが 5年生存をまもなくクリアいたします。
 
 胸水に 五苓散は強すぎるので 補気建中湯を使う 。 肝蔵にアミノ酸を与えたいが 癌の栄養にも
 なりかねない。 アルブミン値を見ながら微量の柴胡で対応する。 
 表皮のむくみは ボウイオウギ? ハトムギ 
 体温を上げるに人参を 貧血は抗がん剤でなって当たり前 
 造血作用のある 当帰 や地黄は 治療が安定期に入るまで やめとうこう。
 
 なかなか試案が続きます。

 お悩みの方 漢方ケアに興味のある方は 一度ご相談ください。


****************************************************************************************************************
チロシンキナーゼ阻害薬 マニアック解説  
医療関係者 学術に ご興味のある方自己責任でのみご覧ください。


電車に  アクセルとブレーキがあるよいうに。
(加速指示をアクセル 止まれ指示をブレーキ)

細胞のサイクリンにも たくさんの種のアクセルとブレーキがあります。

ここでの 分子標的薬は 間違ってできた チロシンキナーゼ酵素の
BCR-ABL(ビーシーアールエブル)というアクセルを止めるものです。

  
BCR-ABLは たくさんのアクセルを 同時に踏みます。これが 治療を難しくしています。

   

BCRーABLにエネルギーATPが付くと 核内に分裂増進シグナルをどんどん送ります。
そこで 薬を先回りさせて ATP が付く場所をふさぐと 増殖シグナルが遅れなくなります。

   がん細胞の中のBCR-ABLだけに 薬が効けばよいのですが ここだけを 止めるのは不可能で
   正常細胞の働きにも 影響がでていまいます。

   肝蔵 心臓などに 重大なエラーがでると 薬が続けられなくなります。
   また BCR-ABLが 変異して 薬が 効かない型にかわることもあります。
キナーゼという内々の酵素は 生命維持に欠かせない大切な種類です。


   


今回 殺細胞系の抗がん剤と 分子標的薬 チロシンキナーゼ阻害薬の 違いを見てみました。



回転シグナル系を 細胞の中で 核に届くまでの間に止める これが ココの薬の作用機序でした。
******************************************************************************************

椎茸菌由来のLEM にこの シグナル系を止める働きがあることが 2017年の金沢薬学会で発表されました。
椎茸菌というと かつて レンチナンという注射薬が 病院で使われていた経緯があります。
(現在 健康保険削除)

LEM 論文 で多くのものが出てまいります。

私たちの体は  細胞サイクリンの暴走を防ぐ因子として P53 RB P27 などという
タンパク質の因子を持っています。

これが 癌化を防いでくれています。
多くのがん患者さんで P53 の低下がみられることから 最近では 健康診断で
 抗P53抗体を測るところが でてきました。 



ブレーキの損傷は 癌化しやすい=早期発見に役立つということです。

LEM菌の作用ですが P53とは 別のブレーキ P27を BCR-ABLが 抑制してくるのを
止める という 作用が 見つかったということです。



 


                 グルベック(イマニチブ)と別経路で ブレーキでしから 理論的には イマニチブが 減量されても
                 増殖を 抑えてます。 

 
詳細は ココを


  


  2017年になって 金沢で行われた薬学会に LEM菌とグリベックの併用で グルベック量を 1/4にしても
  同等の効果が 得られた発表があった。
  

LEMとBCR-Abl P27(がん抑制因子)の関係 ココ
 

詳細は ココ

LEMとイマチニブ(グリベック) 詳しく
 
 


TOP



詳細 ご相談 津山漢方堂薬局 
086-222-8962
(平日10:00-18:00 木曜 日曜 お休み)