津山漢方堂 

抗がん剤治療にあわせる漢方思考

使用時 はもちろん 使用前 使用後のことも考えます。
<抗がん剤 @よく効かす A副作用を減らす >


殺細胞系抗がん剤(細胞障害性)

使用に関わらずですが 体力増強に
病医院でも 十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)という漢方薬を
出せれることがあります。

朝鮮人参の入った漢方です。


細胞障害性抗がん剤 種類 作用点

代謝拮抗薬抗 
ゼローダ 5-FU TS−1


プラチナ製剤(白金製剤))
シスプラチンなど

トポイソメラーゼ阻害薬微
カンプト トポテシン (イリノテカン) エトポシドなど


小管阻害薬
(タキサン、ビンカアルカロイドなど)
コウトウスギの作用はココです。

がん性抗生物質
(アクチノマイシンD、マイトマイシンC、ブレオマイシン、ドキソルビシンなど


少々難しいので 大腸がんを 家(悪の館)に例えた動画を作ってみました。。




抗がん剤全体の流れは ↓です。


殺細胞系の抗がん剤は一種の毒で 
分裂や蛋白合成などの活動が速い細胞ほど良く作用します。

↓↓↓

    
低酸素状態では がん細胞も細胞分裂速度が落ちます。
もちろん 免疫免疫力も落ちます。


このような時に どんな漢方薬を併用したら良いかなどんp
 ご相談を実施中です。!




トップに戻る



ご相談予約
ご相談予約メール
お問合せ

 お電話 086-222-8962